一人親方労災保険の即日加入は可能か?さかのぼって加入できない?

「急に明日から現場に入ることになった!」
「労災保険番号が今日中に必要!」など

急ぎで一人親方労災保険に加入しなければならないケースもあります。

「一人親方労災保険に即日加入はできるか?」を解説します。

 結論からいいますと、

「一人親方労災保険に即日加入はできない。」

ただし、「最短翌日からの加入は可能」です。

一人親方労災保険の即日加入は可能?

一人親方の皆さまの場合、急な仕事の依頼を受けるケースもあります。その際に元請会社より労災保険番号の提出が求められ、労災保険の特別加入制度を利用していない場合は、急ぎで一人親方労災保険に加入するように言われてしまいます。
 そこで問題となるのは、「一人親方労災保険に即日加入できるのか?」「会員証はいつもらえるのか?」「労災保険番号はすぐに教えてもらえる?」などという点です。

最短でも翌日からの加入になる

一人親方労災保険に即日加入することはできず、最短でも翌日からの加入となります。
 即日加入ができない理由があります。一人親方の特別加入は、さかのぼっての加入できません。 これは、事故が起きてから加入することを防ぐ趣旨からのものです。なお、特別加入の効力が発生するのは、労働基準監督署へ提出した日の翌日からとなります。

労災保険特別加入の申請手続き

一人親方労災保険は、特別加入団体を通して申し込む必要があり、個人で各都道府県の労働局へ足を運び直接申請することはできません。
 まず、一人親方は特別加入団体で申し込み手続きを行い、各団体は申し込みを受理してから労働局へ加入申請をします。

加入証明書は即日発行できる場合がある

対応スピードの早い特別加入団体に申し込むと、加入費用の入金が確認でき次第、即日で加入証明書を発行してくれる場合があります。
 加入証明書には労災保険番号も記載されていますので、「明日から働く現場に、労災保険番号を提出しないといけない!」など、急ぎのときに便利です。 

一人親方労災保険の加入証明書を即日発行するには

一人親方労災保険の加入証明書を即日発行するためのスムーズな申請手続きをするポイントを解説します。

加入証明書を即日発行する団体へ申し込む

加入証明書の即日発行に対応する団体を探して申し込むこと。
 労災保険の特別加入を申し込む際に、建設組合のような団体や社会保険労務士の運営するSR団体を通す方法などもありますが、ネットで申し込める団体、特に社会保険労務士や労働保険事務組合が運営する団体が早くておすすめです。
 特別加入団体を選ぶ際は、

  • (1)加入証明書を即日発行できるかこと、
  • (2)会費・入会金・各種手数料など労災保険料以外にかかる費用も確認するすること、

この2点は実際に問い合わせてみて、スタッフの対応をチェックしてから申し込むのもよいでです。

加入後に労働災害が発生した場合のことも考慮し、社会保険労務士など専門知識を持つスタッフが在籍しているかも確認しましょう

加入証明書を即日発行する際の注意点

加入証明書を即日発行するには、申し込みのタイミングにも注意が必要です。また、加入証明書が発行された時点で労災保険が適用されるわけではありません。
 ここでは、加入証明書を即日発行する際の注意点を詳しく解説します。

加入証明書の即日発行にタイムリミットあり

加入証明書の即日発行が必要な場合は、タイムリミットがあるため早めに申し込み手続きを行う必要があります。
 加入証明書は、申し込みと同時に自動返信されるわけではありません。申し込む特別加入団体にもよりますが、通常は加入費用の入金が確認されてから発行されます。
 即日発行を希望する場合は、WEBサイトに記載されている「○○時までに入金が確認できること」などの条件を確認しましょう。また、問い合わせや申し込みの際に、加入証明書を即日発行できるか再確認すると安心です。

加入証明書が発行されても労災保険は最短翌日から適用

加入証明書が即日発行されたとしても、労災保険が適用されるのは最短翌日からとなるため注意が必要です。
 即日発行された加入証明書を手に現場へ向かったとしても、その日に労働災害が発生すると労災保険は使えません。ケガや病気のリスクを考えて、労災保険への加入を確認してから仕事をはじめると安心です。
 なお、正規の組合員証は加入後に発行され、郵送で約1週間後に届けられます。即日発行された加入証明書には、翌日からの加入情報が記載されていて、現場入場で労災保険番号の提出を求められた場合に有効です。

急ぎの場合は「一人親方建設業共済会」が安心です!

即日労災保険番号の提出が必要な場合は、「一人親方建設業共済会」からの申し込みが安心です。

申し込んの翌日から労災保険は適用

 労災保険は、申込当日には適用されません。
 申込当日に現場作業を行い労災事故が発生しても、労災保険は使えません。注意してください。
 なお、「明日からの現場で労災保険番号が必要」など急ぎの場合は、加入証明書を即日発行してくれる団体に申し込むとよいと思います。

労災保険に特別加入するメリットは?

 「一人親方の労災保険の加入は必要なのか?」と考える方もいると思います。労災保険に特別加入すると、主に以下の2つのメリットがあります。

一般労働者と同様の手厚い補償が受けられる

労災保険は事業主に雇用される労働者に適用される国の保険制度で、請負で働く一人親方など個人事業主には適用されません。
しかし、労災保険の特別加入制度を活用することで、一人親方も一般労働者と同様の手厚い補償が受けられるようになります。
 例えば、仕事中や通勤中の事故でケガをした場合は、労災指定医療機関へ行くと自己負担なしで受診・治療ができます。近くに労災指定医療機関がなくても、療養にかかった費用を一度自己負担してから後日労災保険へ申請できる仕組みです。また、労災事故による療養で仕事ができない期間は、選択した給付基礎日額の8割が支給されます。
 労災事故により障害を負ったり死亡したりする場合は、「障害(補償)給付」や「遺族(補償)給付」が支給されるなど、労災保険の手厚い補償があり安心です。

仕事の選択肢が増える

近年では安全上の理由から、労災保険番号を提出しないと入場できない現場も増えています。
これは、一人親方にとって仕事の受注に大きな影響を与えるます。一人親方労災に加入していると、即日の案件を含めどこの現場にも対応でき、仕事の選択肢が増えるメリットがあります。

申し込む団体によって何が違う?

労災保険の特別加入は国の保険制度であるため、保険料と補償内容はどこの団体に申し込んでも同じです。
年会費や入会金などは異なります。加入する際は確認してから申し込みましょう。
 また、労災事故の発生時に、保険給付申請の手数料が発生する場合もあるようです。これら各種手数料の有無なども確認しておくと、加入後の出費やトラブル防止を未然に防ぐことができます。

団体で保険料が違う理由は?

労災保険料の計算式、端数処理の仕方を間違えているからです。労働局の見解も都道府県ごとに違うようです。