Q6 60歳以上の作業員は雇用保険や健康保険に加入する必要があるか。

Q6 60歳以上の作業員は雇用保険や健康保険に加入する必要があるか。

A6 雇用保険については、事業所に雇用されている労働者であれば加入させなければなりません。

(雇用保険法の改正により、平成29年1月1日以降は65歳を超えて新たに雇用された者も加入義務があります。)

健康保険については、協会けんぽに加入する場合の手続き(又は建設国保に加入している場合の健康保険の適用除外の手続き)は、一般的に年金事務所で厚生年金保険の加入手続きと併せて行うものなので、A5の(1)の場合、厚生年金保険へ未加入であれば健康保険(協会けんぽ)にも未加入であると考えられます。

法令上は厚生年金及び健康保険への加入義務がありますが、ガイドライン上の扱いとしては未加入でも現場入場が認められることとなります。