特別加入者(中小事業主や一人親方等)の労働者死傷病報告と休業補償給付支給請求書の取り扱い

特別加入者の労働者私傷病報告と休業補償給付支給請求書とは

Q 社長は労災保険に特別加入しています。先日業務中に負傷して1週間ほど入院加療することになりました。当然労災の特別加入に入っているため労災申請をおこなうことを予定しています。労災申請にあたり、何か注意すべき点はありますでしょうか?

労働者死傷病報告と休業補償給付支給請求書の取り扱いについて解説します。

特別加入者は労働者死傷病報告を提出する必要がない!!

労働者死傷病報告は、仕事中の災害であっても、負傷等をしたのが労働者でない(例えば、社長がケガをした)場合や、労働者が仕事を休まなかった場合(不休災害)には提出する必要がありません。また、通勤途上の災害は労災保険の対象となりますが、仕事中の災害でないため労働者死傷病報告は提出する必要がありません。

休業補償給付支給申請書は通常通りに

特別加入されているということですので、治療費(療養の給付)については通常の労働者と同じように処理していただいて構いません。
次に休業補償給付支給請求書ですが、通常の労働者の場合、4日以上休業していること、かつその間の賃金が支払われていないことが支給要件ですが、特別加入者については実際に4日以上休業していれば休業補償給付が支給されます。

  • 注:上記の取り扱いはいずれも「労働者」でないことが前提になります。労災保険法上、特別加入者は「労働者」ではありません。また賃金は「労働者」に対して支払われるものであるため、特別加入者が受け取っている報酬は賃金とはみなされません。報酬を支払っていても支給されます。忘れずに請求するようにしましょう。
  • 注:特別加入者については全部労働不能でなければ給付されません。即ち、事業及び作業に付帯した業務(例えば、仕事の見積り、設計等の話し合い、資材の発注、売上金の取立て又は支払等)すらできないことが要件となります。